上場支援のコンサルについての情報が満載です!

このサイトでは、上場支援のコンサルがどういうことをしてくれるのかを説明していきます。
上場を目指す企業にとって、本当に利用する必要があるのか、支援してもらうことで上場する上でどんなメリットがあり、何が変わってくるのか。
サポートをしてもらう場合の実際の流れ、どれくらい費用がかかるのかといった基本的なところから支援内容までを詳細に紹介します。
このサイトを読めば、上場するにあたってのモヤモヤはスッキリと晴れるハズです。

上場支援のコンサルはどういうことをしてくれるのか

上場支援のコンサルはどういうことをしてくれるのか 上場を目指す。
そうは言っても一体何をすればいいのでしょうか。
売り上げ目標をクリアする、あるいは社員数を増やせす…。
目指すことが会社にとって大きなメリットにつながることはなんとなくわかっていても、そのために何をすべきかを理解している企業が少ないのが実状です。
まず認識しておくべきは、上場企業は「選ばれし企業」ということです。
約400万社といわれる企業のうち、上場企業はわずか0.1%といわれています。
それだけ審査が厳しいということです。
その意味では何をすべきか分からないのも当然といえるでしょう。
だからこそ、難関を突破するためには上場支援に精通する会社を利用するのが望ましいといえます。
加えて企業を上場に導いた経験のある上場支援のコンサルタントに助言をもらうことは、上場への一歩として非常に価値のあるものといえるのです。

上場支援を依頼できるコンサルの種類と違い

上場支援を依頼できるコンサルの種類と違い 企業を大きくしていくにあたって、考えたいのが上場です。
株式会社のステイタスとして、上場していることは大きなアドバンテージとなります。
そんな時に頼りになるのが上場支援を依頼できるコンサルの存在です。
上場支援が依頼できるコンサルは、大きく分けて証券会社系と会計士系に分かれます。
証券会社系は手続きに対して詳しいため、取引所などの審査対応には詳しく対応してくれます。
会計士系は会社の内部に関することが専門なので、決算開示体制の構築や内部統制の整備などが得意分野です。
実際に必要な書類を作成するような実務についてもサポートしてもらえます。
両者は得意分野が異なるため、どちらかに頼むと言うよりは必要に応じて依頼先を変えることが適当と言えます。
例えば会計士系で構築した体制によって、取引所などの審査対応のアドバイスを証券会社系のサポートを受けるようなやり方です。
このような手続きは、わからないまま進めても手間が増えてしまいます。
コストパフォーマンスを重視するのであれば、万全を尽くした方が良いでしょう。
一番いけないのはわかったつもりで進めることです。
後で足りない資料や不十分な体制だった場合には、それだけ時間とコストが余計にかかります。

上場支援のコンサルに関する情報サイト

上場支援

新着情報

◎2020/8/19

援助で何が変わるのか
の情報を更新しました。

◎2020/5/27

支援コンサルのサポートの流れ
の情報を更新しました。

◎2020/05/15

サイト公開しました

「支援 コンサル」
に関連するツイート
Twitter

生きづらい人は、迷走してもいいから挑戦してこ。店長になる前、コンサル受けて「1番レベル低い」と言われ、高知の山奥の若者支援施設では馴染めず3日で帰り、ヒッチハイクして経営者に会ってもイマイチ。それでも、動き続けて店長。全ての行動が正解でなくても、動けばいつか正解にたどり着く🔥

おはようございます 1/20 木曜日 今日もよろしくお願いします。 BANSO合同会社 代表 障がい者就労継続支援A型事業 農福連携に寄り添う福祉事業を展開 全国無料相談実施中↓↓↓ 業務の効率化、組織仕組み作りに特化した経営コンサル 🌴

⑤ 社長支援。中小企業の経営コンサルではない支援。 24時間孤独。全く同じ世界を共有できる人はいない。会社の為にもはや自分ではない何者かに陥る。私も起業して志から懸け離れた道を歩んできた。 純粋な想いや願いに立ち返る。ありたい姿へ共に挑むリベンジ&シェルパの伴走支援でご指名を頂く。

③ 職場支援。人を育てる風土変革のコンサル。 私自身、会社組織で管理職の経験ゼロ。只、学生から社会人の移行期と定着期の支援は実績を積み上げてきており、世代間GAPや今の世代の育て方は地の利あり。 人を深く観る=在り方から内発的に育てるプログラムを開発。多くの会社からご依頼を受ける。

顧問や業務支援コンサルと携わらせて頂く企業が3〜40社とか多過ぎて業種もバラバラだし訳が分からない、、、